疲れやすいと感じたら甲状腺の病気を疑おう|放置すると危険な症状

ドクターとナース

その症状の本当の原因は

ドクター

臓器の働きとバセドウ病

甲状腺は、ホルモンを分泌することで体の代謝をコントロールしています。ここに異常が出ると、体の不調として症状が現れますが、それが甲状腺の病気であるとすぐに気付きにくいのが現実です。例えば、胸がドキドキする、イライラする、体がだるいと聞いて、甲状腺の病気疑う人はまれです。しかし、これらの症状がすぐに治まらない場合、病院で一度検査を受けることで、原因を早く特定し、早期治療の開始ができます。病気の種類としてはバセドウ病、橋本病、腫瘍、炎症などがあります。バセドウ病は、自己免疫疾患の一つでもあり、甲状腺ホルモンが大量に作られることにより起こる病気です。男性より女性の患者数が多く、食べても痩せる、汗を大量にかく、動悸・息切れなどが起こります。代謝が異常なほど過剰になっている状態です。バセドウ病といえば「目が出る」と思う人も多いですが、この症状については表れないこともあります。

その他にもあるこんな病気

橋本病は、自己免疫の異常により慢性的に炎症を起こす甲状腺の病気で、甲状腺の機能を低下させてしまいます。炎症によって腫れが表れるため、首が太くなったように見えることもあります。バセドウ病とは逆に、ホルモンが不足した状態による不調が起き、急に寒がりになる、むくみ、無気力、たいして食べていないのに太る等の症状が出ます。これらは「更年期障害などではないか」と思う人も多いです。腫瘍ができる甲状腺の病気では、良性と悪性があります。悪性には一般的に知られている乳頭がん、濃胞がんなどがあります。これらのがんは進行が比較的遅いのですが、まれに肺などに転移することがあります。また、がんの中にも急性で進行の早い未分化がんという物もあるため、素人判断はせずに病院で検査を受けることが重要です。

予防医療から緩和ケアまで

病棟

生活習慣病は未然に防げる病気ですから、予備軍を自覚しておられる場合は、都筑区の内科で予防医療に取り組んでおきましょう。また、都筑区の内科では多様な内科を揃えていますので、部位や症状ごとで、より専門的な治療が受けられます。

Read More...

頭部の検査も受けてみよう

看護師

首から上の健康診断は一般的な検査では行われていないことが多く、見逃しがちです。脳動脈瘤は脳ドッグなどの検査でも見つけることができますので、定期的な検査を受けることもおすすめです。破裂するのを防ぐには外科的な治療や生活習慣の改善が有効です。

Read More...

体への負担を最小限に

医者と看護師

癌を治療するにあたって患者さんの体への負担はどうしても避けて通る事は出来ませんでしたが、NK療法なら従来の方法よりかなりの割合で負担が軽減されます。体力面や副作用の事で悩んでいる方はぜひこの治療法も視野に入れてみてはどうでしょうか。

Read More...