疲れやすいと感じたら甲状腺の病気を疑おう|放置すると危険な症状

男女

体への負担を最小限に

医者と看護師

体内のナチュラルキラー

外科治療、化学療法、放射線治療の三つの方法に加えて、最近では免疫療法という治療法も登場し人気が高まっています。中でもリンパ球系のNK細胞を利用するNK療法は体内の癌細胞を退治するのに優れた効果を発揮します。NK細胞は常に体内を巡回して癌細胞や感染細胞を発見したら単独で一早く攻撃します。この時、正常な細胞との見分けもしっかり出来ており、それ故「生まれながらの(ナチュラル)殺し屋(キラー)」と呼ばれています。このNK細胞の力が高まれば即ちそれだけ癌細胞を多く退治する事が出来るという点でNK療法が注目されています。また、NK療法は外部からの力を借りるのではなく、患者さんが元から持っている力を高めて治療するので体にかかる負担や副作用のリスクもかなり軽減されると言われています。

免疫細胞の働き

外科治療、化学療法、放射線治療の三大癌治療に加え、新たに第四の癌治療と呼ばれる方法があるのをご存知の方も多いのではないでしょうか。患者さんの持っている免疫細胞の働きを高めて癌細胞を退治する免疫療法です。T細胞や好中菌、マクロファージ等同じ免疫細胞でも色々種類があり、その役割も異なりますが癌細胞を退治するならNK細胞を利用したNK療法が注目されています。NK細胞は常に体の中を巡回していて、癌細胞やウイルス等の初期攻撃を担当しています。NK療法で癌細胞を退治していってくれれば、手術して癌細胞を切除する事も抗癌剤を投与する必要もなくなり、患者さんにかかる負担や副作用のリスクを大幅に回避する事が出来ます。ただ、他の方法に比べると即効性はあまり期待できないかもしれませんが、一度効果が現れると長く続くという利点もありますよ。